アレルギーが気になる方はこれ!

アレルギー物質27品目なし!

3ヶ国で楽天1位獲得!

初回モニター価格!



セノビックはアレルギーが気になる・・・。

そんな方にはアレルギー物質を排除した「贅沢のびるんるん」


>>贅沢のびるんるんの詳細へ<<

セノビックとミロの違いとは?

 

子供のための栄養補給に大きく役立つと言われている2つの健康応援飲料。
ロート製薬のセノビックとネスレのミロ、それぞれの違いについて調べてみました。

 

成分の違い

まず1つめの違いはセノビックとミロに含まれている成分です。

 

セノビックに含まれている成分
<セノビック ココア(20g)あたり>

エネルギー:78kcal
タンパク質:1.5g
脂質:0.6g
炭水化物:17g
ナトリウム:17-170mg
カルシウム:260mg
鉄:6mg
ビタミンC:57mg
ビタミンE:5mg
ビタミンD:2.8μg
ビタミンB1:0.71mg
ビタミンB2:0.34mg

 

ミロに含まれている成分
<ネスレ ミロ(15g)あたり>

たんぱく質:1.2g
脂質:1.6g
炭水化物:10.2g
ナトリウム:16mg
カルシウム:220mg
鉄:3.2mg
ビタミンB2:0.30mg
ビタミンB6:0.40mg
ビタミンB12:0.64μg
ナイアシン:4.6mg
ビタミンC:14mg
ビタミンD:1.7μg

 

 

どちらもそれぞれの公式サイトからの抜粋です。
このままですと比較がしにくいため、1杯分の基準をセノビックの20gに合わせて一覧表にしてみました。

 

ミロ セノビック

 

セノビックに合わせて20gに換算してみましたが、成分量に大きな違いは見られませんでした。
ただし、製造元が違いうためそれぞれに入っていない成分も含まれています。

 

 

歴史の違い

 

ミロ、セノビックそれぞれの歴史も違いの1つです。
ミロの歴史は古く、1934年にオーストラリアのネスレ社から発売されました。

 

対してセノビックは2007年に日本で誕生。
どちらも「子供の栄養補給を目的」にした製品ですが、セノビックの方が新しいです。

 

そのためセノビックの方が現代日本の子供に沿った製品といえるでしょう。

 

セノビックとミロ、どちらが子供の背を伸ばすのに効果的?

 

セノビックとミロを購入される方の多くは、子供の栄養補給が目的ですが
中には「背を少しでも高くしたい」という方もいらっしゃいます。

 

そこでセノビックとミロそれぞれの身長に対する効果について調べてみました。

 

結論としまして、どちらも現在の科学では身長に直接の影響を与える成分は含まれていません。
カルシウムを効率的に体内に摂取するという点ではセノビックに軍配があがりますが、
カルシウムは背が伸びるのとは直接の関係がないと言われています。

 

ですが、利用者の口コミなどを見ていますとセノビックは
「セノビックを飲み始めてから身長が伸びた」
という評価が多く見られます。

 

科学的な根拠が分からなくとも、実際にそうした声が多いのは事実です。
今後そうした点も解明されていくかも知れませんね。