アレルギーが気になる方はこれ!

アレルギー物質27品目なし!

3ヶ国で楽天1位獲得!

初回モニター価格!



セノビックはアレルギーが気になる・・・。

そんな方にはアレルギー物質を排除した「贅沢のびるんるん」


>>贅沢のびるんるんの詳細へ<<

発達障害時によくある偏食

セノビックと発達障害

アスペルガー、自閉症、学習障害。
発達障害にも色々な種類がありますが、共通して現れやすい症状の1つが

 

「偏食」

 

子供もママもなんとか色々なものを食べようと頑張っても
どうしても食べれないために栄養失調になるケースがよく見られます。

 

 

栄養が偏ると肝機能にも障害がでて、最悪入院ということも。
そうした発達障害を持っているご家族がいる方々にもセノビックが愛用されています。

 

 

 

偏食のお子さんにも人気のセノビック

 

セノビック

 

お腹がすいても、どうしても特定のものしか食べられない。
好きなものしか喉を通らない。

 

こだわりの強い発達障害のお子さんの場合、こうした偏食が見られがち。
これは我儘というものではなく、「そういう症状」なんです。

 

偏食は年齢とともにある程度改善されていくことがほとんどですが、
偏食が治るまでに栄養失調になってしまっては大変。

 

 

そんな時に試していただきたいのが「セノビック」です。
セノビックは子供が1日に必要とする栄養素をしっかり摂れるんです。

 

 

「牛乳も飲めない!」

 

というお子さんでも、セノビックをならば飲めるということも。

 

もし、発達障害による偏食で栄養バランスが気になるならば、
CMでも話題のロート製薬 セノビックを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

まずは人気のミルクココア味から飲ませてみて
飲めそうならば色々な味を試してみると良いかも知れませんよ。

 

>>セノビックの詳細についてもっと詳しく

セノビック 発達障害

 

 

発達障害の子供の偏食をなくすワンポイントアドバイス♪

 

発達障害を持っているお子さんは、集団生活を送る上では
必ずしも楽とは言えません。

 

ですが、一方で記憶力が非常に優れていたり
感性が一般の子供よりかけ離れて鋭かったりと非凡な才能を持つことも多いですよね。

 

 

味覚についても同様。

 

苦手な食材を小さく刻んで好きな食べ物に入れても
ほんのかすかな違和感で気づいてしまうこともあります。

 

 

そうした時に重要なのが「ムリに食べさせない」ということ。
そして逆に「食べさせるチャンスを逃さないこと」です。

 

 

ムリに食べさせないというのはその名の通り。
栄養価が偏ってしまうのは分かりますが、強引に食べさせようとしても
食べられないものは食べられません。

 

ムリに食べさせようとすると、それがトラウマになり、
将来にわたって食べられないことにもなりかねません。

 

 

焦って食べさせようとするのではなく、「食べられる時期が来るまで待つ」
という心構えを親が持ちましょう。

 

 

また、逆に「食べさせられるチャンスがあったら逃さない」ということも重要。

 

何かの拍子に子供が今まで嫌いだったものに興味を持つこともあります。
そうした時には

 

「あなたは苦手なんだからやめておきなさい」

 

と、いうのではなく、

 

「じゃあ、ほんの少しだけ食べてみようか?」

 

と、やんわりとチャレンジさせることも重要。
どちらもタイミングが難しいですが、お子さんのことをしっかり見ている
あなたならきっと大丈夫。

 

焦らず、食べられる機会を逃さないようにしてくださいね。
その間の栄養補給にはセノビックなどの健康補助食品で補うという方法もありますので。